080-4558-5663

ブログ

2018/03/16(金)

【おすすめ】花粉症をやわらげるために試してほしい1つの事

カテゴリー:未分類

 

from 整体院 栞 作本哲麻

広島県呉市の治療院のデスクより・・

暖かくなりました。
春は多くの植物が吹く季節ですが
同時に花粉の季節にもなります。

花粉症を発症している人にとっては、目や鼻がムズムズして
涙・鼻水・かゆみが出てしまい辛い季節になりますね。

僕は今のところ大丈夫ですが・・
油断はできないですね。

薬は飲みたくないと思っても
飲まないと、まともに仕事ができない
という方も多いのではないでしょうか。

マスクに目薬、保護メガネと完全装備しておられる方もチラホラ見かけますね。
当院にも花粉症の質問を最近いただきます。

花粉症といえばスギやヒノキが代表的ですが
他にも花粉症の原因になるものはたくさんあります。

花粉に反応する人としない人。
どう違うのでしょか?

それは【アレルギー抗体】の強さによって変わってきます。

アレルギー抗体が強い人は、花粉に全く反応しませんが
抗体が弱い人は、粘膜が集中している鼻や目が反応し
涙や鼻水が止まらない、という症状が出てしまうのです。

皆さんは花粉症。いかがですか?

「どうしたら治るの?」と思ってネットを調べても
「花粉症は一度 発症すると治らない」
「薬で抑えるしかない」
という情報も多く、諦めている方も多いかもしれませんね。

でも諦めないでください。
これを試していただきたいのです。

それは【体質改善】です。
もしかしたら症状が軽くなるかもしれません。

つまりはこういうことです。

簡単に言うと花粉症とはアレルギー症状です。

アレルギー症状に関しては、まだまだ分からない部分が多いので
アレルギーの原因に関して自己診断してしまうのはあまりおすすめできません。

例えば、「自分は乳製品アレルギーだけど小麦類は大丈夫」と
思っていても、本当に大丈夫かどうかは分からないのです。

たまにある芸能人のアレルギーテストで意外なものがアレルギーだったという
テレビを見たことはないでしょうか?

大きな症状になって現れていないだけで
実は体の中ではアレルギー反応を起こしているかもしれないのです。

実際私の友人にも長年、食後の胸やけに
悩んでいる人がいたのですが
原因は「お米アレルギー」だったのです。

当の本人はそのことに気づかず、お米をずっと食べていたのです。

お米をやめると、胸やけもなくなり
ついでに花粉症の症状も緩和されたようです。

このように、花粉症を抱えている人は
アレルギーの原因となる食材の摂取をなるべく控えてみるのをおすすめします。

牛乳や大豆がアレルゲンの代表的なものなのですから
それらを少し控えてみてはどうでしょうか。

お米をやめてみる。
乳製品を控える。
間食にはビスケットやクッキーではなく、和菓子を食べる。

もしかすると、思っていた以上の効果が現れるかもしれません。

もしそうなればラッキーですよね。
まずは軽い気持ちでトライしてみてくださいね。

 

 

 

7月18日(水)まで
先着6名様限定割引 → 残り1名様

診察予約は今すぐお電話で

080-4558-5663

【受付時間】9時〜20時 (不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※診察時間は9時〜20時 までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。